口臭の原因

サプリメントを購入する前に原因について理解しておきましょう。

1.飲食物や嗜好品による口臭

  • にんにくやニラ、ねぎなどの臭いの強い食べ物を食べたときのにおい
  • たばこを吸った後のにおい
  • お酒を飲んだ後の臭い
  • コーヒーを飲んだ後の臭い

これらは、一時的なものなので、時間をおけばなくなる場合が多いです。 ただ、たばこの場合は、ヘビースモーカーや長期間喫煙している方なのは、すぐに無くならない場合もあります。

2.ドライマウスによるにおい

基本的に唾液が少なくなると口臭が発生しやすくなります。これがいわゆる「ドライマウス」という状態です。 ドライマウスは主に以下の場合におきます。

寝起き時

寝ている間というのは、口を動かすことが少ない(食べたり、しゃべったりしない)ため、必然的に唾液が少なくなります。唾液が少なくなると口の中の細菌の働きが活発になりますので、寝起き時はだれでも臭いが強くなります。ただ、これは一時的なことが多いです。

空腹時

空腹状態になると、唾液が少なくなり口が乾燥します。そうなると起床時と同じように、細菌の働きが活発となり口臭が発生しやすくなります。 ダイエットをしているときというのは、常に空腹であることが多いため臭いが強くなる場合がありますので注意が必要です。

緊張時

緊張状態が続いたりストレスを感じると副交感神経の働きにより唾液が少なくなります。そのため空腹時起床時と同じ理由で発生する場合があります。

3..お口の中の病気等による口臭

口腔内の病気で臭いを発生させる一番の原因は、歯周病です。歯周病は歯肉などの組織を破壊してしまいますので、それら破壊された組織や出血した血液だどが原因で口臭が発生する場合があります。 病気ではありませんが、舌に細かい食べかすなどが付いてできる舌苔も原因とされています。 あとは、歯への詰め物(銀歯や入れ歯など)も原因となる場合があります。 4.体の病気等によるもの 胃や腸などの消化器系の病気の場合にも口臭がおきる場合があります。
また、肺や鼻などの病気が原因となる場合もあります。