口臭外来(私の経験談)

9fe5a89f4199e7509baa3dd720d1c5e0_s口臭外来は、口臭が気になる方のための専門の外来ですが、一般的には、通常の歯科院が、一般の歯科に加えて口臭外来を併設する場合が多いと思います。
実際、私も過去に受診したことがありますので、そのときの流れをご説明したいと思います。サプリメントで駄目なときは検討してみても良いかもしれません。

 

口臭外来は、どこの歯科院でも行っているわけではありませんので、近くに行っているところがありるかを探す必要があります。大都市部では、数十箇所の歯科院が見つかると思いますが、地方ではかなり数が少ないのが現状です。

 

受診する場合は、まず、電話またはインターネット等で予約をとります(ほとんどが事前予約制です)
予約したときに、今後、1週間から2週間程度の間の毎食何を食べたかということと、朝、昼、晩で口臭の状態がどうなっているのかを自分の判断で記入する用紙が送られてくる、あるいはインターネットからダウンロードして、記入することになります。

 

その後、受診となりますが、私の場合は、問診のあと、まずは、歯槽膿漏等がないかどうか口腔内のチェックをして、その後、唾液の分泌量をはかる検査を行いました。これは、味の無いガムのようなものを3分ほどかみながら、唾液をだして、それが3分間でどれだけの量になるのかを量ります。
それが終わると、専用の口臭をはかる機械に息を吹きかけて、機械的に口臭を測定します。
そして、最後に実際に先生に息をふきかけて、どのくらいの距離まで臭いがするのかをはかりました。

 

数十分後には機械の測定結果がでますので、それらのデータをもとに、実際にどれだけ口臭がしているのかの解説と今後の治療方針を決めます。
私の場合は、口腔内の病気(歯槽膿漏)等はありませんでしたが、唾液の分泌量が少な目ということで、これが「原因なのではないかということでした。

 

薬等が処方されるわけではなくて、専用の歯磨き粉とマウスウォッシュ液、ガムなのどを薦められてそれらを購入して様子をみることになりました。
健康保険が使えないので、歯磨き粉やガムなどをの購入費を合わせて6万円ほどかかりました。

 

 

それから、3週間ほどして、もう一度、前回と同じ検査を行いました。唾液の分泌量は前回よりも多くなりましたが、口臭自体はほとんど改善されていませんでした(このときの費用は2万円ほど)。それから、さらに2週間後くらいに同様の検査をおこないましたが、ほとんど変化はみられませんでした、
ここまでで10万円以上を使ったことになりますが、結局、私の場合はですが、満足のいく結果を得ることはできませんでした。

 

治療の方法等は、当然、歯科医によってかなり差があると思いますので、もし、受診されるのであれば、評判等をよくしらべた上で、受診されたほうが良いと思いますし、過度の期待はしないほうが良いと思います。