水

口臭の原因となる飲み物

水ご自身の口臭を気になさっている方は少なくないでしょう。

自分でできる口臭対策には次のようなものがあります。
ニオイの原因は唾液の減少、口内の乾燥による菌の増殖にある場合がほとんどです。
疾患など内臓に原因がある場合は、いくら口内の衛生を保ってもニオイを取り去ることは難しいようです。
病気という認識にはならないような慢性的な便秘が原因になっていることもあり、医師等の専門家にはその人の放つニオイから便秘症であるとすぐにわかることもあるようです。

体調は万全で健康である場合は、口内に原因が潜んでいる可能性が高いのですが、まず原因を疑いたいのが虫歯による口臭です。
見た目には綺麗な歯であっても、歯間や歯周に虫歯が隠れている場合があります。
デンタルフロスなどがひっかかるようになったら、たいていは虫歯ができています。歯磨きは念入りに行っているという人においても、口内を常に清潔に保つことは難しいため、定期的な歯科の受診を心がけましょう。

日頃の生活において口臭の原因となりがちな食べ物には配慮して暮らしている方が多いでしょう。
食べると歯を磨いてもしばらくニオイが取れないニンニクを使った料理などは、仕事上で人と接する機会が多い方は翌日に備えて食べないようにするといった配慮です。

しかし飲み物についてはあまり気にかけない方がほとんどでしょう。
口臭の原因になりやすい飲み物としてはお酒やコーヒーなどがありますが、それとは反対に、ニオイを予防する効果が高い飲み物も存在します。

口臭を予防してくれる飲み物

緑茶には殺菌効果があるということは有名ですが、これは口内においても効果を発揮してくれます。
ニオイを防ぐ効果だけでなく、殺菌効果からウィルスの増殖を抑えることにも期待できるため、風邪などの感染症が流行りやすい時期には積極的に飲むようにすることをおすすめします。

緑茶以外のお茶もそれほどニオイの原因にはなりませんが、茶渋が歯の表面に残ってしまい、それがニオイの原因となりますので、鏡を見ながら歯磨きをしたり、歯科で汚れを取ってもらうなどの対策が必要となります。

ニオイを気にする人にとって、何よりも安心な飲み物は水です。
水はそれだけで汚れを落とす力をもっています。身体や髪を洗うときなども、洗浄剤を使用しなくても水のみの予洗いだけで汚れのほとんどは落ちてしまうことはご存知の方も多いでしょう。

それと同様に、口内の汚れも流してくれるのです。ニオイが気になるときや予防を心がけるためには水を選べば間違いないでしょう。