原因

口臭を予防する効果の高い飲み物

水

口臭の原因となる飲み物

水ご自身の口臭を気になさっている方は少なくないでしょう。

自分でできる口臭対策には次のようなものがあります。
ニオイの原因は唾液の減少、口内の乾燥による菌の増殖にある場合がほとんどです。
疾患など内臓に原因がある場合は、いくら口内の衛生を保ってもニオイを取り去ることは難しいようです。
病気という認識にはならないような慢性的な便秘が原因になっていることもあり、医師等の専門家にはその人の放つニオイから便秘症であるとすぐにわかることもあるようです。

体調は万全で健康である場合は、口内に原因が潜んでいる可能性が高いのですが、まず原因を疑いたいのが虫歯による口臭です。
見た目には綺麗な歯であっても、歯間や歯周に虫歯が隠れている場合があります。
デンタルフロスなどがひっかかるようになったら、たいていは虫歯ができています。歯磨きは念入りに行っているという人においても、口内を常に清潔に保つことは難しいため、定期的な歯科の受診を心がけましょう。

日頃の生活において口臭の原因となりがちな食べ物には配慮して暮らしている方が多いでしょう。
食べると歯を磨いてもしばらくニオイが取れないニンニクを使った料理などは、仕事上で人と接する機会が多い方は翌日に備えて食べないようにするといった配慮です。

しかし飲み物についてはあまり気にかけない方がほとんどでしょう。
口臭の原因になりやすい飲み物としてはお酒やコーヒーなどがありますが、それとは反対に、ニオイを予防する効果が高い飲み物も存在します。

口臭を予防してくれる飲み物

緑茶には殺菌効果があるということは有名ですが、これは口内においても効果を発揮してくれます。
ニオイを防ぐ効果だけでなく、殺菌効果からウィルスの増殖を抑えることにも期待できるため、風邪などの感染症が流行りやすい時期には積極的に飲むようにすることをおすすめします。

緑茶以外のお茶もそれほどニオイの原因にはなりませんが、茶渋が歯の表面に残ってしまい、それがニオイの原因となりますので、鏡を見ながら歯磨きをしたり、歯科で汚れを取ってもらうなどの対策が必要となります。

ニオイを気にする人にとって、何よりも安心な飲み物は水です。
水はそれだけで汚れを落とす力をもっています。身体や髪を洗うときなども、洗浄剤を使用しなくても水のみの予洗いだけで汚れのほとんどは落ちてしまうことはご存知の方も多いでしょう。

それと同様に、口内の汚れも流してくれるのです。ニオイが気になるときや予防を心がけるためには水を選べば間違いないでしょう。

タバコ臭い口臭を防ぐ方法

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s街中や公共の場においてだけでなく、会社やレストランでも禁煙を掲げるところが多くなり、喫煙者には肩身の狭い世の中になっています。喫煙者のみならず受動喫煙の健康被害も大きいため、然るべきことではあるのですが、喫煙が嫌がられる理由はその匂いにもあります。

タバコ臭い匂いは髪の毛や洋服に付着するだけでなく、喫煙者の口臭としても出てきてしまいますよね。
自分では気にならないかもしれませんが、周囲の人が迷惑に感じている場合も往々にしてあるので気を付ける必要があります。
一番の対策は禁煙ですが、なかなかそれが成功しない人の為にもタバコ臭い口臭を防ぐ方法を紹介します。

タバコ臭い口臭とは?

そもそもタバコ臭い匂いの原因ですが、タバコに含まれるタール(ヤニ)に起因しています。
ヤニ臭いというのはまさにその通りで、加熱することにより発生する油分で強い粘性と匂いを持っているのです。
それが舌や歯に付いてしまうことで口臭になってしまいます。
また、タールは粒子が小さく付着しやすいので身体にも行きわたり、体臭となってしまうこともあります。

タバコ臭い口臭の予防法

簡単に出来る予防方法から挙げていくと、まず深呼吸をすることです。
喫煙後、肺の中にはタバコの煙が10分程度残っています。それを出してしまう為に、数分間深呼吸をしましょう。

次に水分を摂りましょう。タバコにはニコチンも含まれていますが、こちらは無味無臭の物質です。
しかしニコチンには血管を収縮させる作用があり、これが歯ぐきの欠陥も収縮させてしまうことで唾液の分泌が低下します。
唾液が減少すると口臭の原因となるので、水分を摂ることは匂いの軽減につながるのです。
その際に注意したいのはコーヒーを飲むと更に口臭が悪化すること。
なるべく水やお茶を飲むように心がけたいですね。

唾液の分泌を促す意味でもガムや飴、タブレットも効果があります。
最近では舌の匂いをケアするタブレットもドラッグストアで購入できますが、舌についたタールは匂いの大きな要因なので、特にタールの強いタバコを吸っている人等は併用すると軽減されますよ。

洗面所を利用できる環境であれば、歯磨きとマウスウォッシュをすればかなり効果的です。
タールは茶色く付着してしまうことからも分かるように、粘着良くが強く落としづらいのです。
タールがよく落ちる歯磨き粉も販売されているので、利用している人もいるのではないでしょうか。
とても有効なものですが、強い摩擦力があるので磨き過ぎには注意するようにしましょう。

周りに不快な思いをさせない為にも、喫煙後はちょっとした気遣いを忘れずにいたいですね。

糖質制限中に起こる身体に変化:口臭・体臭

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

糖質制限中に口臭・体臭に影響はあるか?

7e062637d72f7d20421865441acfd891_sダイエットにも様々な種類がありますが、最近特に注目が高まっているのが糖質制限ダイエットです。
このダイエット方法は炭水化物やお菓子などの糖質を制限することで体重を落としていくというもので、糖質は避けるものの、そのほかの食べ物は比較的自由に食べられるので、あまり我慢も必要なく、手軽に行えて、そのうえ効果的ということで、マスコミなどでも取り上げられました。

糖質制限ダイエットは高い効果を期待することができますが、こうしたダイエットを長く続けていくと口臭や体臭が強くなるともされています。

今まで口臭や体臭があまり気にならなかったのに、ダイエットを始めてから臭いが強くなったという人はこうしたダイエットが原因している可能性もありますので、ダイエット方法も考え直してみる必要が出てきます。
こうした場合の臭いは本人が自覚しづらいことも多く、他の人に指摘されて気づくということも少なくありません。

なぜ糖質制限で口臭が強くなるか?

まず、糖質制限でどうして体臭が強くなるのかも知っておきたいですが、まず臭いについてはダイエット臭独特の甘酸っぱいにおいがするとされています。
ダイエットで食事制限をすると体重は落ちやすくなりますが、栄養不足になることも少なくありません。そうなると代謝が落ちてしまい体にはケトン体という成分が増えてしまうこととなります。
そしてこのケトン体が臭いの原因です。

糖尿病の人も同じ様な症状が出ることがありますが、糖質制限をしている人は糖分が不足しているため、糖尿病の人と同じような症状が出てしまうことがあります。

ダイエットをしている人がすべてこうした体臭や口臭が発生するわけではありませんが、臭いが発生していると感じたらやはり早めに対策しておくことが大切です。

まず、通常の口臭や体臭は清潔にするなどでかなり改善できることもありますが、ダイエットが原因している場合は、それだけでは改善が難しいものがあります。

原因は糖質が不足していることがあげられますので、対策のためにはやはり適度に糖質を摂ることも大切です。
せっかくダイエットで痩せても臭いが強くなると別の悩みが発生してしまうこともありますので、糖質制限をするにしても、いきなり糖質をすべてやめてしまうなど極端なことはせず、一日一食のみ糖質を控えるなど無理のない程度に行っていきましょう。

臭いが気になる人は食事制限だけに頼らずに体を動かす運動でのダイエットも合わせて行うなど、ダイエット方法も見直していくことがおすすめです。

意外な関係!?便秘と口臭の関係について

28dde85eaefbe7816b64321da95cbcee_s

意外な関係!?便秘と口臭の関係について

28dde85eaefbe7816b64321da95cbcee_s口臭は本人には気づきにくいですが、至近距離で人と話をするときなどはやはり目だってしまいますので、しっかり対策を行うことがおすすめです。
口臭が発生する原因としては、ニンニクなどの臭いの強い食べ物を食べたときに一時的に発生することもありますし、虫歯や歯周病が進んでいる場合も臭いの原因となるので早めの治療が大切です。

そして歯磨きが十分でなかったり、舌苔が多くついている場合も臭いの原因となりますので、こちらも注意し、丁寧に磨いておきましょう。

多くの場合はしっかりと対策を行えば口臭はかなり防ぐことができますが、歯磨きを丁寧にしていても、虫歯などがなくてもやはり臭いが発生するということもあります。
こういった場合は口の中以外に何らかの問題が発生していることもありますので、その原因を考えてみましょう。

まず、女性の場合は便秘体質の人が多いですが、それが臭いの原因となってしまうこともあります。
便秘になると本来は排出されるべき便が長く腸内にとどまることとなりますが、こうなると便と一緒に排出されるはずであった有害な成分も体にとどまったままになってしまいます。
そうなると行き場を失ってしまった有害な物質が血液中に溶け出し、全身に回ってしまいます。有害な物質は息や皮膚からも排出されることとなりますので、そのために体臭が強くなってしまったり、口臭が強く出てしまうことにつながります。

こうしたことが原因であればいくら歯磨きをしていても改善は難しいので、便秘を改善することも考えてみましょう。
便通を良くするには野菜など食物繊維たっぷりの食品や、良質な乳酸菌を含む食べ物を積極的に取りいれていきたいですし、運動不足もよくありませんので、積極的に体を動かしていきましょう。

便秘解消で口臭も解消!?

さらにお腹をマッサージしたり、水分をしっかり取ることも改善に役立ちます。
薬も頑固な症状のときには役立ちますが、常用はあまり良くありませんので、より穏やかな効果の健康茶やサプリメントを活用しるのも良いでしょう。
さらにトイレを我慢したり、長く座っている時間が取れないことも便秘につながりますので、少し早起きするなどしてトイレタイムが取れるよう心がけたいところです。

便秘が改善されれば、体内にたまった毒素も順調に排出されますので、口臭の悩みもかなり抑えることができます。
さらに体臭の改善にもつながりますし、肌がきれいになる、体調が改善できるなど様々な良い効果を期待できます。

緑茶と口臭予防

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

虫歯予防と殺菌作用のある緑茶

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s緑茶は、昔、中国から薬として入ってきました。事実、昔の寺院では、貴重な薬として服用されてきました。
最近、また、緑茶の薬としての一面が注目されつつあります。
実際、現在確認されている緑茶の効果効能には次のようなものがあります。
①カフェインによる大脳刺激作用
②カテキンによる抗酸化作用
③血中コレステロールを下げる作用
④発ガン防止作用
⑤血糖値を下げる作用
⑥老化防止
⑦虫歯防止作用
⑧口臭防止作用

緑茶に含まれるカテキンが、虫歯の原因となる航空内の雑菌の繁殖を著しく抑制することはすでに科学的に立証されています。虫歯は口臭の原因となりますので、虫歯を防ぐことはイコール口臭を防ぐことにもつながります。
また、口腔内の雑菌そのものが口臭の原因になりますので、その雑菌を殺菌してくれるということは、緑茶が口臭予防に寄与してくれるともいえます。
さらに、緑茶のカテキンは、歯に歯垢が出来るのも防いでくれることも証明されています。歯垢は、食べかすの塊で、こうれを放置すると、口腔内の雑菌が繁殖して、歯垢自体が腐敗集を放つようになります。この腐敗臭が口臭の直接的な原因になります。
こういった、緑茶の口臭に対する効果が認められているので、現在では、多くの口臭対策サプリメントや、口臭対策歯磨き粉、うがい薬などに緑茶のカテキンが配合されるようになりました。

緊張と口臭

de2bb400267029ae8d2e905bd3ba6aa3_s

朝、起きたときの口臭が一番、強いということはすでにお伝えしましたが、起き抜け以外でも口臭がつよくなる時というのは当然あります。

緊張とストレスで口臭は強くなる

de2bb400267029ae8d2e905bd3ba6aa3_s緊張などをして、過度にストレスがかかると、自律神経の中枢に影響を与えて、その結果、唾液の分泌が正常には行われなくなり、極端に唾液が少なくなったり、ひどくなると分泌自体が止まったりします。

唾液には、もともと口臭の原因物質となる汚れを洗い流してくれる自浄作用を有しているとともに、殺菌作用も持っています。

 

しかし、緊張やストレスによって唾液の分泌が減ってしまうと、自浄作用が働かなくなり、口の中の汚れがそのままになってしまいます。そして、これらが腐敗し、口臭が強くなってしまいます。

そのため、例えば、緊張が続くようなお仕事をされている方は、頻繁にお茶や水などを飲むようにして、口の中が乾かないようにしたほうが良いです。

ただ、これらの口臭は、ストレスによる唾液の分泌量の減少が原因だとはっきりしていますから、例えば緊張時に口臭を指摘されたとしての、そいほど気にする必要はありません。唾液の分泌量が戻れば、自然と口臭もなくなりますし、緊張が続くようであれば、先ほども書いたようにお茶などを飲むようにすれば、口臭は気にならなくなります。

あまり、気にしてしまうと、それ自体がストレスになって、より口臭が強くなってしまいます。

口臭の原因は多岐にわたる?

c51166a99fdba59f54668b62f5d8dcfe_s

口臭の原因というのは、実は多岐にわたり、それのどれに当てはまっているか特定がしにくいといわれています。

病気を原因とする口臭

c51166a99fdba59f54668b62f5d8dcfe_s原因のいくつかをあげてみますと、まずは、口の中の病気、つまりは虫歯や歯槽膿漏、口内炎などです。

また、口だけでなく鼻の病気も口臭の原因になりえます。蓄膿症や慢性鼻炎などがあげられます。特に蓄膿症は、鼻に膿がたまっていると、その臭いが息とともに外にでてくることが考えられます。

また、そのほかにも口と鼻とつながっている気管支炎などでも、同じように膿の臭いがしてくることがあります。

さらに、気管支よりも奥の胃や腸の病気でもやはりつながっていますので、口臭の原因になってきます。

そのほか鼻や口、気管支、胃や腸など直接つながっていない、がんや慢性肝炎、糖尿病などの病気でも口臭を強くする場合があります。

これらは、特定の病気が原因で口臭を発生させるものですが、上記のような疾患が無い場合でも口臭が強くなる場合があります。

病気以外が原因の口臭

例えば、単なる加齢によっても、口臭はきつくなります。年をとってくると、若いときに比べて、唾液の分泌量は減っていきます。唾液の分泌が減ってくると、口内環境が悪化し、食べかすなどの腐敗の原因となり、その腐敗から口臭が発生します。

また、病気ではありませんが、腸内の悪玉菌が増えることで、口臭が発生します。これは悪玉菌によって腸内環境が悪くなり、腸内を腐敗させ、その臭いが腸から胃や口にあがってきます。これは、かなり強いにおいがするので、自分でもわかるような口臭の場合は、これが原因の可能性が高いです。

以上のように、口臭の原因は、多岐にわたり、自分がどれに当てはまっているかを判断するのは難しいといえます。

どんな美人でも口臭はある!

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s口臭が全く無い人というのはいません。どんな美人でもどんなイケメンでも、必ず口臭はあります。
歯磨きを徹底していても、胃や腸が健康でも「生理的口臭」は誰にでもおきます。

では、どういったときに生理的口臭がおきるのか、今一度確認しておきましょう。

 

朝、起きたとき

朝、起きてすぐのときは、だれでも口臭がします(もちろん人によって強さは違いますが)。これは、睡眠中に口の中が乾燥し、口の中の自律作用が悪くなり、口の中の細菌が増殖しているためです。よって、例えば、酔っ払って歯を磨かずに寝てしまった翌日の朝などは、かなりきつい臭いがすることが多いです。

お腹が空いているとき

空腹状態になると、血液中の代謝産物の影響と口の中の自律採用の悪化により、においが強くなることがあります。

緊張したとき

緊張を感じると自律神経に影響を及ぼし、唾液の分泌が少なくなります。そうなると口の中が乾燥し、口臭が強くなります。

夕方近くの口臭

夕方近くになると、先ほどの空腹状態とさらに疲労が蓄積されているので、口内環境が悪化する場合がります。そうなると口臭も強くなっていきます。

生理時の口臭

女性の場合は、生理によって精神的な不調や体調不良などを引き起こすので、それが原因で口臭も強くなる場合があります。

妊娠中の口臭

妊娠中は、様々な体調の変化やホルモンバランスが乱れることがありますので、それにともない、口臭がでてくることがあります。

 

以上のように、歯磨き等では防ぎきれない、口臭があることも認識しておくことが大事です。