予防

口臭を予防する効果の高い飲み物

水

口臭の原因となる飲み物

水ご自身の口臭を気になさっている方は少なくないでしょう。

自分でできる口臭対策には次のようなものがあります。
ニオイの原因は唾液の減少、口内の乾燥による菌の増殖にある場合がほとんどです。
疾患など内臓に原因がある場合は、いくら口内の衛生を保ってもニオイを取り去ることは難しいようです。
病気という認識にはならないような慢性的な便秘が原因になっていることもあり、医師等の専門家にはその人の放つニオイから便秘症であるとすぐにわかることもあるようです。

体調は万全で健康である場合は、口内に原因が潜んでいる可能性が高いのですが、まず原因を疑いたいのが虫歯による口臭です。
見た目には綺麗な歯であっても、歯間や歯周に虫歯が隠れている場合があります。
デンタルフロスなどがひっかかるようになったら、たいていは虫歯ができています。歯磨きは念入りに行っているという人においても、口内を常に清潔に保つことは難しいため、定期的な歯科の受診を心がけましょう。

日頃の生活において口臭の原因となりがちな食べ物には配慮して暮らしている方が多いでしょう。
食べると歯を磨いてもしばらくニオイが取れないニンニクを使った料理などは、仕事上で人と接する機会が多い方は翌日に備えて食べないようにするといった配慮です。

しかし飲み物についてはあまり気にかけない方がほとんどでしょう。
口臭の原因になりやすい飲み物としてはお酒やコーヒーなどがありますが、それとは反対に、ニオイを予防する効果が高い飲み物も存在します。

口臭を予防してくれる飲み物

緑茶には殺菌効果があるということは有名ですが、これは口内においても効果を発揮してくれます。
ニオイを防ぐ効果だけでなく、殺菌効果からウィルスの増殖を抑えることにも期待できるため、風邪などの感染症が流行りやすい時期には積極的に飲むようにすることをおすすめします。

緑茶以外のお茶もそれほどニオイの原因にはなりませんが、茶渋が歯の表面に残ってしまい、それがニオイの原因となりますので、鏡を見ながら歯磨きをしたり、歯科で汚れを取ってもらうなどの対策が必要となります。

ニオイを気にする人にとって、何よりも安心な飲み物は水です。
水はそれだけで汚れを落とす力をもっています。身体や髪を洗うときなども、洗浄剤を使用しなくても水のみの予洗いだけで汚れのほとんどは落ちてしまうことはご存知の方も多いでしょう。

それと同様に、口内の汚れも流してくれるのです。ニオイが気になるときや予防を心がけるためには水を選べば間違いないでしょう。

タバコ臭い口臭を防ぐ方法

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s街中や公共の場においてだけでなく、会社やレストランでも禁煙を掲げるところが多くなり、喫煙者には肩身の狭い世の中になっています。喫煙者のみならず受動喫煙の健康被害も大きいため、然るべきことではあるのですが、喫煙が嫌がられる理由はその匂いにもあります。

タバコ臭い匂いは髪の毛や洋服に付着するだけでなく、喫煙者の口臭としても出てきてしまいますよね。
自分では気にならないかもしれませんが、周囲の人が迷惑に感じている場合も往々にしてあるので気を付ける必要があります。
一番の対策は禁煙ですが、なかなかそれが成功しない人の為にもタバコ臭い口臭を防ぐ方法を紹介します。

タバコ臭い口臭とは?

そもそもタバコ臭い匂いの原因ですが、タバコに含まれるタール(ヤニ)に起因しています。
ヤニ臭いというのはまさにその通りで、加熱することにより発生する油分で強い粘性と匂いを持っているのです。
それが舌や歯に付いてしまうことで口臭になってしまいます。
また、タールは粒子が小さく付着しやすいので身体にも行きわたり、体臭となってしまうこともあります。

タバコ臭い口臭の予防法

簡単に出来る予防方法から挙げていくと、まず深呼吸をすることです。
喫煙後、肺の中にはタバコの煙が10分程度残っています。それを出してしまう為に、数分間深呼吸をしましょう。

次に水分を摂りましょう。タバコにはニコチンも含まれていますが、こちらは無味無臭の物質です。
しかしニコチンには血管を収縮させる作用があり、これが歯ぐきの欠陥も収縮させてしまうことで唾液の分泌が低下します。
唾液が減少すると口臭の原因となるので、水分を摂ることは匂いの軽減につながるのです。
その際に注意したいのはコーヒーを飲むと更に口臭が悪化すること。
なるべく水やお茶を飲むように心がけたいですね。

唾液の分泌を促す意味でもガムや飴、タブレットも効果があります。
最近では舌の匂いをケアするタブレットもドラッグストアで購入できますが、舌についたタールは匂いの大きな要因なので、特にタールの強いタバコを吸っている人等は併用すると軽減されますよ。

洗面所を利用できる環境であれば、歯磨きとマウスウォッシュをすればかなり効果的です。
タールは茶色く付着してしまうことからも分かるように、粘着良くが強く落としづらいのです。
タールがよく落ちる歯磨き粉も販売されているので、利用している人もいるのではないでしょうか。
とても有効なものですが、強い摩擦力があるので磨き過ぎには注意するようにしましょう。

周りに不快な思いをさせない為にも、喫煙後はちょっとした気遣いを忘れずにいたいですね。

口臭に効果的な食べ物とその理由(梅干し編)

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干で唾液の分泌を促進

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s普段から口臭が気になってしまっている方がいます。このタイプの方であれば、人前で会話などを行う場面でも常に口臭を気にすることになり、電車など多くの方が乗り込むような場所でも気になります。

口臭の原因として挙げることのできる内容では、食べ物のカスや歯石、歯槽膿漏や歯周病などを起こしてしまっている方が多く、この場合では毎日の歯磨きをしっかりと行う方法や、歯科クリニックなどを利用して、きちんと治療を行うことが大切です。しかし、人によっては異なる内容が起因となっている場合もあり、例えば体質上の問題もあります。中には胃腸の調子が悪い方であっても、十分に食べ物が消化されずに臭いの原因になる可能性も高くなります。

口内では唾液も重要な要素を持っています。一般的には唾液の量が極めて少ない方のケースでは、口臭が増してしまうことが分かっており、効果的な食べ物なども提案されています。有名なものでは梅干を挙げることができます。梅干しは食することによって、脳が刺激されることになり、その結果として多くの唾液を発生させることでも知られています。クエン酸の効果や消臭効果、殺菌効果なども梅干しには含まれているとされており、口内の対策としては相応しい食品になります。

外出先ではサプリメントで代用

唾液の量を活発化させることが何よりの効果になりますが、家庭内では梅干を食する方法で対応することができますが、外出先については持ち運びが大変な一面を持っています。

このケースでは新しい対応策としてサプリメントを服用する方法があります。口臭対策用として販売されているサプリメントが存在していて、このタイプの場合では、身体の内側から綺麗な臭いを発生させることができるタイプがあり、効果的な対策方法として利用されています。サプリメントの場合では持ち運びに便利で、外出先であっても手軽に摂取できるメリットがあります。決められた用法を守って服用を継続する方法で、簡単に臭いの対策から予防を行うことができるので、この手軽さが高評価を得ている理由になります。

他にも梅干しと同じような効果を持つ口内専用のスプレーなども販売されています。このタイプでは即効性が見られることから一定の対策としては効果を得ることができますが、その効果は一時的なものに限定されてしまうことが多く、梅干しも同じようにサプリメントなどと併用して使う方法で、良い環境を生み出すことができます。しっかりとした対策を行う方法で、周囲の視線なども気になることがなくなります。

緑茶と口臭予防

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

虫歯予防と殺菌作用のある緑茶

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s緑茶は、昔、中国から薬として入ってきました。事実、昔の寺院では、貴重な薬として服用されてきました。
最近、また、緑茶の薬としての一面が注目されつつあります。
実際、現在確認されている緑茶の効果効能には次のようなものがあります。
①カフェインによる大脳刺激作用
②カテキンによる抗酸化作用
③血中コレステロールを下げる作用
④発ガン防止作用
⑤血糖値を下げる作用
⑥老化防止
⑦虫歯防止作用
⑧口臭防止作用

緑茶に含まれるカテキンが、虫歯の原因となる航空内の雑菌の繁殖を著しく抑制することはすでに科学的に立証されています。虫歯は口臭の原因となりますので、虫歯を防ぐことはイコール口臭を防ぐことにもつながります。
また、口腔内の雑菌そのものが口臭の原因になりますので、その雑菌を殺菌してくれるということは、緑茶が口臭予防に寄与してくれるともいえます。
さらに、緑茶のカテキンは、歯に歯垢が出来るのも防いでくれることも証明されています。歯垢は、食べかすの塊で、こうれを放置すると、口腔内の雑菌が繁殖して、歯垢自体が腐敗集を放つようになります。この腐敗臭が口臭の直接的な原因になります。
こういった、緑茶の口臭に対する効果が認められているので、現在では、多くの口臭対策サプリメントや、口臭対策歯磨き粉、うがい薬などに緑茶のカテキンが配合されるようになりました。