口臭雑学

口臭と乳酸菌 ヨーグルトで歯磨き?

ヨーグルト

善玉菌で口臭改善へ

ヨーグルト 寝起きに口の中がネバネバしている人は、細菌が繁殖しているので臭いも強いです。唾液には臭いや歯周病、虫歯の原因である細菌を殺す効果がありますが、就寝時には唾液に分泌が減るため細菌が発生しやすいです。

口の中は腸内と同じように善玉菌と悪玉菌が存在します。歯磨きの不足などで食べカスが口の中に残ると、悪玉菌が増えて歯周病や虫歯を引き起こし、強い臭いを放つようになります。口臭を抑制するために口の中の細菌を全て殺してしまうと、良い菌までいなくなってしまうので、根本的な解決にはなりません。

そこで最近は良い菌を増やすことで、虫歯や歯周病を予防して口臭を改善するプロバイオティクスという方針が見られます。その分野で注目されているのが乳酸菌です。

乳酸菌で歯周病も虫歯も防ぐ

多くの乳酸菌は胃腸で作用しますが、LS1は唾液中に存在して口の中で働きます。

東海大学における実験では、LS1と歯周病の原因であるジンジバンス菌を培養したところ、ジンジバンス菌の活動が低下しました。歯周病が治れば不快な臭いも消える可能性が高いです。
LS1は乳酸を発生させることで歯周病の原因菌を減らしますが、酸に弱い性質を持つため虫歯のリスクまで減少させます。LS1を含んだ製品はタブレットになっており、1日3粒を口の中で舐めることで、高い効果を得られます。午前と午後、夜にそれぞれ使用しますが、就寝前にしっかりと歯磨きをした状態で、歯茎が腫れている部分にタブレットを重点的に置くのがポイントです。

ヨーグルトで歯磨き?

東京医科歯科大学病院の和泉雄一教授は、歯磨きの仕上げとしてヨーグルトを用いるやり方を提案しています。

歯ブラシに無糖ヨーグルトを少量載せて、食べカスが溜まりやすい歯と歯茎の間を10秒間軽く磨いて、水で十分にすすぎます。加糖や果物が入ったヨーグルトは乳酸菌以外にも余計に栄養を補給して、虫歯になることがあるので注意します。

通常のヨーグルトは、食べる前に少し口に含むことで多少の効果を得られます。さらに胃や腸の不調が口臭を引き起こすこともあります。解くに高齢者は腸内の善玉菌が減少しているので、臭いの元である揮発性ガスを生み出していることが多いです。

ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの乳酸菌は、腸内環境を整える効果があります。また人の母乳に含まれるロイテリ菌には免疫力を上げて虫歯を予防する作用があります。これらは薬ではないので、子供から高齢者まで副作用を心配しないで摂取できます。

口臭に効果的な食べ物とその理由(梅干し編)

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干で唾液の分泌を促進

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s普段から口臭が気になってしまっている方がいます。このタイプの方であれば、人前で会話などを行う場面でも常に口臭を気にすることになり、電車など多くの方が乗り込むような場所でも気になります。

口臭の原因として挙げることのできる内容では、食べ物のカスや歯石、歯槽膿漏や歯周病などを起こしてしまっている方が多く、この場合では毎日の歯磨きをしっかりと行う方法や、歯科クリニックなどを利用して、きちんと治療を行うことが大切です。しかし、人によっては異なる内容が起因となっている場合もあり、例えば体質上の問題もあります。中には胃腸の調子が悪い方であっても、十分に食べ物が消化されずに臭いの原因になる可能性も高くなります。

口内では唾液も重要な要素を持っています。一般的には唾液の量が極めて少ない方のケースでは、口臭が増してしまうことが分かっており、効果的な食べ物なども提案されています。有名なものでは梅干を挙げることができます。梅干しは食することによって、脳が刺激されることになり、その結果として多くの唾液を発生させることでも知られています。クエン酸の効果や消臭効果、殺菌効果なども梅干しには含まれているとされており、口内の対策としては相応しい食品になります。

外出先ではサプリメントで代用

唾液の量を活発化させることが何よりの効果になりますが、家庭内では梅干を食する方法で対応することができますが、外出先については持ち運びが大変な一面を持っています。

このケースでは新しい対応策としてサプリメントを服用する方法があります。口臭対策用として販売されているサプリメントが存在していて、このタイプの場合では、身体の内側から綺麗な臭いを発生させることができるタイプがあり、効果的な対策方法として利用されています。サプリメントの場合では持ち運びに便利で、外出先であっても手軽に摂取できるメリットがあります。決められた用法を守って服用を継続する方法で、簡単に臭いの対策から予防を行うことができるので、この手軽さが高評価を得ている理由になります。

他にも梅干しと同じような効果を持つ口内専用のスプレーなども販売されています。このタイプでは即効性が見られることから一定の対策としては効果を得ることができますが、その効果は一時的なものに限定されてしまうことが多く、梅干しも同じようにサプリメントなどと併用して使う方法で、良い環境を生み出すことができます。しっかりとした対策を行う方法で、周囲の視線なども気になることがなくなります。

不快な臭い1位は口臭

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

不快な臭い第1位は口臭

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_sあるアンケート調査によると、まわりの人のにおいで不快感を感じたことがある人の割合は、90パーセントを超えています。この中で、何の臭いが最も不快感を感じるか?の問いには、男女とも1位は「口臭」でした。2位に体臭がきて、以下、わきの臭い、タバコのにおい、香水のにおい、足の裏のにおい、お酒のにおいと続きました。

また、夫婦を対象にした別のアンケート調査で、結婚相手の口臭を感じたことがある?との問いに、妻が83パーセント、夫は46パーセントという結果でした。奥さんの大半は、旦那さんの口臭を感じていることになります。また、このアンケートの続きで、妻や夫に口臭を指摘されたあとにどのような行動をとったか?の問いに、妻は、まめに歯磨きをするようにしたという答えがトップでしたが、夫の回答のトップは「何もしない」で約40パーセント、ついで「ガムをかむ」が約20パーセント、「まめに歯磨きをする」は17パーセントという結果でした。男性のほうが、口臭を出しやすい傾向にあるのに、指摘されても「何もしない」というのはおどろきの結果です。実際に、夫の口臭を何とかしたと思っている奥様方は多いようです。