扁桃腺とそれに関わる口臭の対策

70f1a6552415138c09a5ed25d6606f4f_s

人と話をするとき、家族と会話するとき、会社で会議するとき、どんな時も人と話さないといけません。どんなに歯を磨いても気になる部分、それは口臭です。

どんなにかっこいい人でも口臭がきついと残念な気持ちになりますよね。それは逆も同じで、さわやかな息の人と話すと思わず顔も見てしまいます。では口臭とはそもそもなんなのでしょうか。

誰しもが経験したことがあるかもしれませんが、体調がすぐれていないときに口臭もきつくなったことありませんか。それは扁桃腺が関係あるからです。扁桃腺は常に口の中で細菌やウィルスと戦っています。そしてなかでも濃栓(臭い玉)という部分では戦ったあとの細菌の死骸が残っていることもあり細菌が活動することにより臭いを作り出す原因となるのです。口では唾液が細菌を殺し、また扁桃腺は喉の奥に細菌が入るのを防ぐ役割があります。そのため唾液が少なくなると口の中の臭いがきつくなるという訳です。では、いったいどのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。その対策について簡単に説明したいと思います。

臭いの原因は膿栓(臭い玉)

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_sまずその一つとして実施していただきたいのが喉にたまる細菌を防ぐためにうがいが効果的です。風邪の予防にもなります。そして濃栓(臭い玉)が自分の口にあるのか確認する方法として、喉ちんこの両脇になる部分を触って臭いを嗅いでみてください。それで臭いがきつければ唾液に分泌されているため、濃栓(臭い玉)があるということです。また、ほかの対策としては病院で濃栓(臭い玉)を除去してくれる病院もあります。白い塊が口の中からでてきます。この治療はすべての濃栓(臭い玉)をなくすためのものではなく、あくまでも摘出のみになるようです。保険も適用できるため安価な上、臭いもなくなるのであれば一番良い方法になります。ただ自分自身で取り除こうとするのはやめましょう。口の中を傷つけてしまいかもしれませんので。

濃栓(臭い玉)とは体質によりできやすい人とできにくい人がいます。治療は受けられますので悩むようでしたらまずは病院に行って相談してみましょう。そして唾液をできるだけ出すように乾燥を避け、うがいをし、ウィルスを体に取り込ませないということが大切なのです。

誰かと話をするときにやはり口が臭いと気になる気持ちはわかります。さわやかな息で、会話をするときに何も気にせず話をしたいですよね。より快適な生活を過ごすうえでも健康は第一ということがわかります。そのためにもまずは予防を実施し、対策をとり実践するという心掛けが大事になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*