口臭と加齢臭とおさらばするためには

52fb2cb50d7308a06cfcea7bab204c58_s

口臭の原因は、口内の状態であったり、胃腸が弱る事で発生する場合があります。

しかし、体の状態だけではなく、年齢を重ねる事も臭いの原因になるので、加齢臭も無視出来ない原因と考える事が出来ます。

加齢臭とは、加齢によって発生する体臭の事で、口臭も含めて周囲に気になる臭いを広める原因になります。

ただ、口臭や加齢臭は対策次第で回避出来るので、原因を特定して対処を進める事が大切です。

加齢臭・口臭の発生原因と対策

3d8a6f52329c0bfb13418a51b72fbb3f_s加齢臭が発生する理由は、体臭を作り出す成分が変化したり、量が増える事によって臭いも同時に強まる事にあります。

口臭は、歯磨きの不足や口の乾燥も影響しているので、体臭と混ざって臭いが強まる可能性が高まります。

対策の基本は、体を清潔に保つ事に加えて、体調を整え健康機能を正常に維持する事も効果に繋がります。

また、抗菌剤や香料も臭い対策に使えるので、これらを組み合わせる事も問題解決に必要となります。

口臭の対策は、一日三回の歯磨きと共に、歯間ブラシや歯茎のマッサージも効果を発揮します。

特に歯間ブラシは、臭いを発する原因を物理的に除去出来るので、磨き残しを減らして根本原因を取り除く事が行えます。

セルフケアは大切ですが、十分にケア出来ている事が欠かせないので、歯科医院で治療やアドバイスを受ける事も重要です。

加齢臭の対応は、体全体に対する対策に限らず、ピンポイントで臭いを抑える方法も併用する事が必要です。

全体的なケアとしては、入浴と適度な洗浄を行う事、そして潤いを与える乳液等でケアを完了する事もポイントです。

臭いを発生しやすい部位

臭いを発し易い部位としては、臭いの原因となる汗をかき易い脇や股、意外な盲点になる首や肩も見逃す事が出来ません。

汗をかく部分は、抗菌作用があるデオドラント剤、これを入浴後に付ける事が効果的といえます。

首等から発する臭いは、汗や皮脂が混ざる事が引金になるので、下着や洋服は定期的に換える事も効果的です。

洗濯も注意点の一つで、十分な清浄力のある洗剤を使う事、時には漂白を行いタンパク質を除去する点も見逃せない要点になります。

洗剤を使った洗濯は、一見すると洋服を白く保つので、完全に汚れが除去されたと錯覚する事があります。

乾燥途中に不快な臭気が出る洗濯物は、洗浄力不足で皮脂汚れ等が残っていたり、それを食べる雑菌が増殖する事で気になる臭いに変わります。

この様な状態の洋服を着る事は、皮脂の臭いや汗で発生する雑菌だけではなく、体臭と混ざってより強力な悪臭に変化します。

体を清潔に保つ事、洗濯を入念に済ませる二つは重要ですが、精神的な状態も体臭に影響するので、客観的に臭いを評価して心配ないと伝える事も問題解決に役立つ方法になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*