親知らず抜歯後の口臭の原因

aed1dfae8ed6b34138fc1fa2737b5276_s

口臭は、誰もが気になるものですが、その原因が親知らずが生えた事による場合もあります。
それは、多くの親知らずが歯肉に被さって生えている場合が多く、歯肉弁と歯との間に隙間がありその隙間に食べ物のカスが入り込んでしまい発酵し臭いの原因になってしまうのです。
きちんと歯磨きをしているつもりでも、親知らずがあるとどうしても届かない場所が発生してしまい、口臭の原因になります。
きちんと隙間なく生えていたとしても、生える位置が歯ブラシが届きにくい位置に生える為に、どうしても食べ物のカスは溜まり易くなります。
カスが溜まる事で化膿してしまう事もあり、化膿してしまうと臭いはさらにきつくなり、痛みも伴います。
また、カスが溜まる事で歯垢になりその周囲の歯が虫歯になってしまう事もあります。
やはり、口臭の原因を無くすには、抜歯する事が一番です。
生えて来てから早めに抜歯した方が、抜歯も簡単に済みますし他の歯への影響も防ぐ事が出来ます。
抜歯というと、怖いイメージがありますが、最近では痛みをあまり伴わない方法も多くありますので、早めに歯医者さんに行って相談する事が大切です。

親知らずの治療をした後にも注意が必要

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s親知らずを抜歯をした後も、口臭がする場合があります。
その原因は、歯茎を切開して抜歯した場合に多く起きます。
親知らずは、横向きに生えたり下向きに生えたり、埋没している場合などがあり切開して抜歯する事が多いです。
その為に、傷口がとても大きくなってしまいます。
しかし、食事はするので大きく開いた傷口に食べ物のカスや細菌が入ってしまい臭いの原因にとなってしまいます。
傷口に入った食べ物のカスを歯磨きなどで取り除けばいいのですが、傷口が悪化してしまう可能性があるので、あまり歯磨きは出来ません。
臭いを気にして、無理をして傷口の周辺を歯磨きしてしまうと傷口が悪化してしまい結果的には、化膿してしまい膿が出て更に臭いがきつくなり長期化してしまう事になります。
その為、抜歯後はしばらく口臭が続きますが、傷口を早く治す為には我慢するしかありません。
臭いを一時的に、誤魔化す方法としてスプレータイプのブレスケアを用いたりする方法もありますが、傷口が治るまでは根本的な臭いは消える事はありません。
また、周囲の人に対して気になるのなら、マスクなどをしておいたら他の人と会話しても、臭いは気になりませんし抜歯後の腫れも分かりません。
傷口が治れば、自然と臭いは消えて行きます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*