糖質制限中に起こる身体に変化:口臭・体臭

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

糖質制限中に口臭・体臭に影響はあるか?

7e062637d72f7d20421865441acfd891_sダイエットにも様々な種類がありますが、最近特に注目が高まっているのが糖質制限ダイエットです。
このダイエット方法は炭水化物やお菓子などの糖質を制限することで体重を落としていくというもので、糖質は避けるものの、そのほかの食べ物は比較的自由に食べられるので、あまり我慢も必要なく、手軽に行えて、そのうえ効果的ということで、マスコミなどでも取り上げられました。

糖質制限ダイエットは高い効果を期待することができますが、こうしたダイエットを長く続けていくと口臭や体臭が強くなるともされています。

今まで口臭や体臭があまり気にならなかったのに、ダイエットを始めてから臭いが強くなったという人はこうしたダイエットが原因している可能性もありますので、ダイエット方法も考え直してみる必要が出てきます。
こうした場合の臭いは本人が自覚しづらいことも多く、他の人に指摘されて気づくということも少なくありません。

なぜ糖質制限で口臭が強くなるか?

まず、糖質制限でどうして体臭が強くなるのかも知っておきたいですが、まず臭いについてはダイエット臭独特の甘酸っぱいにおいがするとされています。
ダイエットで食事制限をすると体重は落ちやすくなりますが、栄養不足になることも少なくありません。そうなると代謝が落ちてしまい体にはケトン体という成分が増えてしまうこととなります。
そしてこのケトン体が臭いの原因です。

糖尿病の人も同じ様な症状が出ることがありますが、糖質制限をしている人は糖分が不足しているため、糖尿病の人と同じような症状が出てしまうことがあります。

ダイエットをしている人がすべてこうした体臭や口臭が発生するわけではありませんが、臭いが発生していると感じたらやはり早めに対策しておくことが大切です。

まず、通常の口臭や体臭は清潔にするなどでかなり改善できることもありますが、ダイエットが原因している場合は、それだけでは改善が難しいものがあります。

原因は糖質が不足していることがあげられますので、対策のためにはやはり適度に糖質を摂ることも大切です。
せっかくダイエットで痩せても臭いが強くなると別の悩みが発生してしまうこともありますので、糖質制限をするにしても、いきなり糖質をすべてやめてしまうなど極端なことはせず、一日一食のみ糖質を控えるなど無理のない程度に行っていきましょう。

臭いが気になる人は食事制限だけに頼らずに体を動かす運動でのダイエットも合わせて行うなど、ダイエット方法も見直していくことがおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*